このページの先頭です

中学受験・高校受験・大学受験・帰国子女を含む英語教育全般および教材の出版とテスト会の運営、EQ育成などトータルサポートする田島教育グループ

EQ開発講座

EQ(Emotional Intelligence Quotient)は、アメリカのイエール大学心理学部教授ピーター・サロヴェイ博士とニューハンプシャー大学心理学部教授ジョン・メイヤー博士によって理論化された概念で、日本では「情動(こころ)の知能指数」と訳されています。

 EQとは、自分の感情を知り、現実的な自己モデルを形成してそれを行動の指針とする能力(心内知性)と、周囲の人の気分や動機、欲求をとらえて適切な行動をする能力(対人知性)とを合わせた能力(人格的知性)のこと

EQから見た合否判定資料の活かし方

受験学年の生徒にとっては、秋の深まりとともに、各種模擬テストの結果が

その重みを増してゆきます。

志望校の絞り込みは言うに及ばず、合否判定予測に一喜一憂してしまうのが

どの家庭でも見受けられる一般的は風景でしょう。

 

今回は、EQに関する知識を応用して、この模擬テストの判定資料を積極的に活用する

方策をご提案いたします。

≫ 続きを読む

  2014/09/23   田島 教育グループ

情動を活用しての思考力や記憶力の高め方

EQが向上すると、様々な他の能力も伸展する場合が多いと言われています。

今回はそうした現象の裏付けとなる、研究者たちの理論や提言と、それを応用して

実際に効果があった子供たちへの指導方法をお教えします。

≫ 続きを読む

  2014/09/15   田島 教育グループ

情動の識別への指導の仕方

EQと呼ばれる知能は、繰り返しになりますが、情動を認識・識別し、

その内容を理解し、そして、活用したり、上手に調整管理していく能力

を指します。


したがって、EQはまず、情動をしっかり認識・識別することから始まる

訳です。

今回はこの識別について、どのように子供たちに指導したら効果的か、

お話しいたします。


 

≫ 続きを読む

  2014/09/15   田島 教育グループ

国語の指導に絡めたEQ向上

情動の具体的な調整方法を前回お教えしましたが、その中で触れられなかった

子供たちへの、国語を活用した方法をご紹介します。

この指導の繰り返しで、EQの向上は元より、国語嫌いが直ったり、国語が

得意になったりした生徒も少なくありません。

≫ 続きを読む

  2014/09/10   田島 教育グループ

子供たちに教えて効果のあった、情動の調整法

子供たちに教えて、実際に効果が認められた、情動の調整の仕方をお教えします。

学習面をはじめ、スポーツや芸術領域など、さまざまな能力向上の原動力となる

情動をどうコントロールしていけばいいのかを、具体的に説明します。

≫ 続きを読む

  2014/09/06   田島 教育グループ

続・続楽観性を身に着けさせよう!

楽観性の身に着け方の最終章です。

楽観性を基に、楽観志向を強める工夫までお話しします。

更に、楽観性の限界値、つまり、どこまで楽観的であることが

望ましいのか、研究者たちの研究成果をご紹介します。

≫ 続きを読む

  2014/07/12   田島 教育グループ

続・楽観性を身に着けさせよう!

前回に続き、楽観性の身に着け方についてお話します。

言葉がいかに大事か、その扱い方一つで楽観・悲観の習慣を呼び込んでしまいます。

 

同時に暗示の力とその活用についてもお教えします。

≫ 続きを読む

  2014/07/11   田島 教育グループ

楽観性を身に着けさせよう!

EQを開発する上で最も重要な資質が楽観性だと言われています。

この楽観性が低いとEQの向上そのものが阻害され、仮にEQの

中に向上したものがあったとしても、その発揮の大きな障害に

なる事がわかっています。


資質と言いましたが、気質や考え方のことで、楽観的な考え方

楽観的な感じ方楽観的な見方が身に付いている状態を言います。

 

今回はどうしたら上手く楽観性を、子供に身に着けさせられるか、そして

強くたくましく生きてゆく土台を、子供にプレゼントする方法を提案します。



 

≫ 続きを読む

  2014/07/08   田島 教育グループ

続・情動の調整

前回書いた情動の調整についての補足です。

≫ 続きを読む

  2014/07/05   田島 教育グループ

情動の調整方法(やる気の引き出し方や集中力の保ち方)

今日はどうも朝からイライラして仕方がない。


昼ごろから原因不明で落ち込んでいる。


勉強しなければと思うのに、手に付かない。


何故か今日は、なかなか集中できない。


などと、情動の調整が突然うまくいかなくなる事があります。

誰でも経験する、ごく自然な症状といっていいでしょう。


こんな時に役立つ脳科学の知識があります。

今回はその知識とそれを応用した方法のいくつかをご紹介しましょう。



 

≫ 続きを読む

  2014/07/03   田島 教育グループ

▲このページのトップへ